Make your own free website on Tripod.com

 


「夏と冬の距離」

イベント1「留守番」

 土曜日の朝。
 夏と冬は旅行に行く両親を見送りに、駅に来ていた。
夏  「行ってらっしゃい」
冬  「お土産は、美味しいモノにしてよ!
    ヘンなキーホルダーとか買ってこないでよね」
 二人は笑顔で話す、不安な表情は少しも見せない。
 一方、両親は心配そうな顔で、食事に戸締まりにしつこく念を押している。
 ため息を一つ、眉をしかめて冬が怒った。
冬  「あのねえ、お母さん!
    ボクたち、もう中学生だよ?
    たかが二泊三日、旅行の間の留守番くらい、出来ないと思う?」
 まあまあと冬を落ち着かせながら、夏も付け加える。
夏  「ほら、宿泊先の電話番号でしょ?
    それに叔父さんの家と会社の連絡先、担任の沢科先生の自宅も。
    ちゃんとメモを持ち歩いているんだから、心配しないで」
冬  「まったく、いつまでも子供扱いしてぇ〜」
 こんな時は、夏の様に素直な子供として対応した方が、親として安心できるものだ。
 「子供じゃない」を連発する冬に不安は残るが、夏が一緒ならばと、
 やっと両親はホームへの階段を上って行った。
冬  「ふぅ、や〜っと行ったよ。
    せっかくの旅行なんだから、ボクたちの事なんか忘れとけばいいのに」
夏  「父さんがまとまった休みを取れるなんて、珍しいもんね」
冬  「おまえらも学校を休んで、四人で行こう!…なんて、
    まったく親ってヤツは、解ってないよ。
    中学生にもなって家族旅行なんて、面倒クサいだけなのにさ」
夏  「…ま、僕も、土曜日とはいえ学校を休みたくなかったからね」
 冬のセリフに「自分だって、親の気持ちなんて解ってないくせに」と、心でツッコミを入れておき、
 夏は無難な答えを返しておいた。
冬  「んじゃ、少し早いけど行くか」
夏  「うん」
 二人は学校に向かって歩き出した。
 この時、夏はかすかな不安を感じていた。
 冬は何も考えていなかった。
 今日と明日、「子供じゃない」思春期の姉弟は、二晩も二人きりで過ごすのだ。
冬  「お母さんが居ないからって泣くなよぉ〜夏?
    ホントお前は、ボクが付いていないと、何にも出来ないからなぁ」
 意地悪な顔で、だけど楽しそうに笑う冬。
夏  「そんな訳、ないでしょ!」
 夏は、怒った様子で少し視線をそらす。
 ドキッとするほどまぶしく感じた姉の笑顔。
 照れと、小さな罪悪感を誤魔化すために…。

イベント2「家においでよ!」を読む