Make your own free website on Tripod.com

 

 
クリ渡文庫に戻る / 笛楠文化祭に戻る / LOVE MISSILE FX-11のTOP PAGEへ

クリ渡はんがお絵かき板で発表された作品です。


 

ダークジーの、最後の抵抗であろう攻撃がハミュンに向けられた。
恐怖して目を閉じたハミュン。
しかし、衝撃は思ったよりもずっと小さく、そう、人にぶつかって倒れた程度であった。
「私…生きてる?」そう思ったハミュンの頬に、ポツポツとなにかがぶつかり、恐る恐る目を開かせる。
「よかった…ハミュン…無事か…」
覆い被さるように、倒れたハミュンの上からケインが微笑む。
頬を打つ物の正体は、そのケインの笑顔を赤く染める血であった。

1

「ケーちゃん…」
赤い雫は、もう、太い糸の様になってハミュンの頬に垂れている。
いとおしく抱きかかえるように、ケインの身体が沈んでハミュンと重なる。
「…どうして…どうして、私の大切な人は…いつも…私の目の前で…」


今回はシリアスです。切ないです‥。
クリ渡はんの作り出す世界の奥深さを垣間見せられましたねー。

クリ渡文庫に戻る / 笛楠文化祭に戻る / LOVE MISSILE FX-11のTOP PAGEへ